環境性能割?取得税廃止??10月からの税制について

2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります

令和元年度税制改正により、毎年4月1日に自動車をお持ちの方に課税される自動車税や自動車の購入時に課税される自動車取得税について、2019年10月1日から新制度が適用されます。


自動車税の税率引下げと名称変更

2019年10月1日以降に初回新規登録を受けた自家用の乗用車(登録車)から、自動車税(種別割)の税率が引き下げられます。なお、軽自動車税(種別割)の税率は、変更されません。


 ※2019年10月1日以降、自動車税と軽自動車税は下記のように名称が変わります

  自動車税 → 自動車税(種別割)

  軽自動車税 → 軽自動車税(種別割)



自動車取得税の廃止と環境性能割の導入

2019年10月1日以降、自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入、新車・中古車ともに対象となります。

また、環境性能割の税率は、自動車の燃費性能等に応じて、自家用の登録車は0~3%、営業用の登録車と軽自動車は0~2%になります。なお、導入から1年間(2019年10月1日~2020年9月30日)に限り、税率が1%軽減されます。


前述したように2019年10月1日~2020年9月30日は軽減されますので、その期間は下記のようになります。



環境性能割の計算方法

新車の普通・小型自動車(自家用)の環境性能割の計算式は、以下の通りです。

課税標準基準額+ 付加物の価額=取得価額(1,000円未満切捨て)

取得価額× 環境性能割の税率=環境性能割の税額

課税標準基準額とは自動車税事務所で使用されている税額一覧表に掲載されているもので、概ね新車価格の90%となっています。例えば新車価格150万円の新車をオプション無しで購入した場合、150万円×90%=135万円が大よその課税標準基準額となり、これに環境性能割の税率を掛けたものが税額になります。

上記の新車が「★★★★かつ2020年度燃費基準+10%達成車」だった場合、税率は1%になりますので、1,350,000円×1%=13,500円が環境性能割の税額になり、2020年9月までの軽減期間は非課税になるという具合です。

※あくまでも大よその税額を算出する方法です。正確なものは税事務所へお問い合わせください。


中古自動車(自家用)の環境性能割の計算式は、以下の通りです。

課税標準基準額× 残価率= 取得価額(1,000円未満切捨て)

取得価額× 環境性能割の税率= 環境性能割の税額

課税標準基準額は新車と同様、概ね新車価格×90%となりますが、中古車の場合は新車登録からの経過年数により残価率が掛かってきます。経過年数の見方は、1/1~6/30までの取得を0.5年とし、7/1~12/31までの取得を1年と計算します。

新車価格200万円の中古車を、新車登録から1年2ヶ月経過した中古車を購入した場合、まずは200万円×90%=180万円が課税標準基準額となり、これに残価率の0.561が掛かります。180万円×0.561=1,009,800円の1,000円未満切り捨てなので、1,009,000円が取得価格となります(この取得価格が50万円以下だった場合は非課税となります)。

この中古車の燃費性能が「★★★★かつ2015年度燃費基準+10%達成車」だった場合、3%が税率になりますので1,009,000円×3%=30,270円が税額となります。


いかがでしたでしょうか。

あくまでも概算ではありますが、おおよそお車をご購入される際に掛かる税額が分かれば幸いです。何かご不明な点がございましたら、お近くのGC店へお問合せください。

自動車の総合サービス「GLOBAL CREST」

「皆様のモビリティライフを応援したい!」そんな想いをもったお店が集まったチェーン店です。

0コメント

  • 1000 / 1000